プロフィール
misuzu-glass
profilephoto

◆工房名:美鈴硝子(みすずがらす)

◆作る人:田中 美鈴 プロフィール
“ココロときめく虹色ガラス”をコンセプトに
フュージング(ガラスを電気炉で溶かす技法)で、
カラフルでちょっぴり乙女ちっくなガラス作品を作っています。

1月26日生まれ O型
三重県鈴鹿市出身(名前の由来)
都内にてロシアンブルーのリン様と二人暮らし。

◆経歴
少女漫画家、地方公務員、WEBディレクターを経て、ガラスに目覚める。
1994年  集英社「りぼん」で漫画家デビュー
1996年  単行本出版
2002年〜 WEBディレクターとして勤務
2010年〜 「スタジオ・ポジ」近岡令先生のもと、フュージングを学ぶ
2012年  公募展「不思議の国のアリス・表紙展 action Vol.7」優勝
2012年  フュージング2人展「にじいろガラス展」開催
2012年  合同展「なないろの虹〜いろとりどり」参加
2012年  個展「ときめきガラス展」開催

◆ココロときめくもの
虹、猫、珈琲、チョコレート
チュートリアル、バカリズム
Dreams Come True、SMAP、スガシカオ

◆これまでのあゆみをさらにくわしく。お暇な方はどうぞw

・こどもの頃から、サラリーマンには向いていない気がしていた。
 でも、およめさんにも向いていない気がしていた。

・美容師になりたいとか、保母さんになりたいとか言ってみる。

・5年生のとき、少女漫画にどっぷりはまり、
 「わたし、少女漫画家になる!」と宣言して親をびびらせる。

・宣言通り、6年生で少女漫画誌に初投稿。

・高校生のとき、はじめて雑誌社に持ち込み。
 編集者に「きっとデビューできますよ」と言われて調子に乗る。

・調子に乗って、高校卒業と同時に漫画家デビュー。

・仕事と漫画、二足のわらじ生活。

・単行本を発行していただく。

・二足のわらじに疲れて、仕事を辞めて上京。(本当は神奈川県)

・有名漫画家のアシスタントやアルバイトしながら、細々と作品を発表。

・方向性に迷ったあげく、テレビコラム漫画なんて連載してみたり。

・方向性に迷いすぎて、金髪にしてみたり。

・思い直して、少女漫画家に戻ったり。

・売れない。ネタ尽きる。

・ある夏の日、頭の中で誰かが「もういいんじゃない?」と言った。
 ここらが潮時と思って、漫画家を辞める。

・WEB業界でアルバイトをはじめる。アイコン作ったりHTML書いたりする。

・バイト先つぶれる。

・運良く携帯サイトの会社に拾ってもらう。
 いつのまにかWEBディレクターという肩書きのサラリーマンになる。

・企画を考えて、WEBサイトを作るのは、漫画に似ていて面白い。
 実はこれがわたしの天職だったんじゃ・・・!

・忙殺されて、咳が止まらなくなる。

・でも、いろんなクリエイターさんたちとやりとりしながら
 作品を作っていくのは面白い!

・でも、サラリーマンになりきれないから、
 転職をくり返し、IT業界を転々とする。

・忙殺されて、ぎっくり首になる。

・社員旅行で行った鹿児島で、たまたま訪ねたガラス工房の作品に魅せられる。
 なにかを思い出す。

・家の近所で吹きガラスをはじめる。なかなか上達しない自分にヤキモキ。

・忙殺されて、右腕があがらなくなった。

・仕事を辞めて、ほとんど残業のない職に就く。

・夏の暑さで吹きガラス教室を休んでいた時に、フュージングに出合う。

・はまる。講座に通いはじめる。

・週1回の講座じゃ物足りなくなり、ワンルームの狭い自宅にでかい電気炉を購入。

・講座に通いながら、週末は自宅で、ボチボチ作品を作っている。
 嫁にも行かずに。

・一応嫁に行った。
 ・・・が、旦那さんをほったらかして制作の毎日。(←イマココ。)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Twitter

facebook

INSTAGRAM #美鈴硝子

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM